PIECE

REATAURANT



category:ダイニングレストラン
dining restaurant
 カジュアルレストラン
casual restaurant

photo:Nacasa&Partners
距離感を感じ、気配を感じる  チョンダムドンというエリアに位置する今回の計画では、料理をartpieceの様にお客様へ提供したい。そんなオーナーの思いからスタートしました。 料理は、ヌーベルシノワのスタイル。インテリアは、中華風にならない様、それだけのオーダーをいただきました。  レイアウトは、ベンチシート席と半個室、個室と大きく3つのエリアで構成しました。 ベンチシート席では、女性客を意識し、居心地の良さを考えたカラーリングにし、 シート背面には、メッシュ金網を皺加工し、プレスした金網の持つ質感で素材の持つ美しさを表し、ラグジュアリーな雰囲気を演出しました。 半個室では、人の目線が気にならない様、立体的なランダムに組まれた石壁で構成しました。石で構成された壁ですが、座っている目線や、囲い込む空間の距離感、壁の表裏の関係を考慮し、デザインしました。  インテリアのコンセプトはartpieceというキーワードから、美術館でアートが1点1点美しく展示されている様にいくつものアート(素材)が重なりあい、それが1つのアートピースの様に点から面、そして立体へと形成し表情がでる様に考えました。 料理が、一人一人のお皿にスポットライトで1品1品アート作品の様に照らされる様にライティングプランも考えました。  韓国では、飲食店を数店舗経営されていますが、今回のお店では、 外部にサインは出さず、日本人シェフによる韓国でも質の高い料理を提供している。